FC2ブログ

本日の神ゲー その2

こんばんは。
またまたゲーム紹介の記事でございます。
ハードはもちろんPSP!
何故ってPSP以降発売されたハードを一切持っていないから!
でもぶっちゃけPSPとDSあれば満足に遊べますよね・・・・。
今更テレビを独占してゲームをやろうとは思いません。
ということでいってみよう。

今日紹介するソフトは、またちょっと古いのですがイース7でございます。


日本ファルコムから発売されたアクションRPGですね。
私の中ではアクションRPGといえばイースとスターオーシャンって感じですね。
テイルズやダムハ、聖剣あたりも有名ですが、いかんせん触ったことが無い。
ジャンル自体は好物なのですが、何故かやろうとは思えませんね。
テイルズとかバリバリのシリーズものじゃないですか。今更やっても・・・って感じです。
それはさておき、イースシリーズはⅥのナピシュテムの匣からの付き合いですね。
Ⅵが2003年発売なので、大体10年ぶりくらいの作品となっています。
間にイースオリジンというのがありましたが。こちらはWindows版なのでPCがあればすぐにでもできますよ!
オリジンの主人公はこの赤毛の人ではなく、3人の主人公によるストーリーとなっています。
Ⅶは今まで通り、赤毛のアドルという名前の人が主人公です。



グラフィックはなかなかのもの。よくみるタイプのグラフィックですが、この辺がPSPの限界なのでしょうかね。
システムはマップ上に配置された敵をリアルタイムで倒していくというもの。
スターオーシャンのように、敵に接触→バトル開始。というものではありません。
基本的に雑魚はボタン連打で倒せますので、爽快感がありますね。
3人パーティーが基本で、最終的に操作できるキャラクターは合計9人とかなり多め。
キャラクターによって扱える武器の種類が斬撃・打撃・射撃の3タイプあり、
敵によってキャラクターを変更し、相性のいいタイプの攻撃を当てていくという感じ。
操作してないキャラクターもオートで動くため、3人パーティーで戦ってる!という感じが出ています。


ところどころで、ステージによるアクション要素もあり、プレイヤーを飽きさせません。
イースⅥのように足場をジャンプしていくというのはさすがにありませんけどね。




これまた重要な要素。ボス戦ですが、他のイースシリーズと同じくなかなかやりごたえがあります
難易度ハードでしかやったことないので、他はわかりませんがハードですとちゃんと攻撃を視て回避しないとすぐに死んでしまいます。
アクションゲーム等でよくある食らい無敵が無く、ゴリ押しはまず不可能です。
製作者が用意したいやらしい攻撃を回避しつつ、ヒットアンドアウェイを心がける必要があります。
まぁモンハンに相当無駄な時間を割いた私にかかれば・・・。と言いたいですがなかなかの難しさ。
攻撃パターンが分からずに初見でボコられるというのはよくある話です。


このようにボスによって戦闘方法に一工夫があったりと、これまたプレイヤーを飽きさせない配慮がありますね。


RPG要素も満足のいくもので、レベル・装備はもちろんのこと、スキルの数も豊富でスキルごとにレベルもあります。
そして、最近のRPGではかかせない装備グラフィックもきちんと武器・盾ごとに用意されています。これは大事な要素だね!


また王道ではありますが、ストーリーもちゃんと用意されています。
ちなみに、主人公はしゃべらないタイプの主人公です。
最近のRPGの主人公ってしゃべるの多いですよね。
昔はしゃべらないタイプのほうが多かったと思うのですけどね。FFの影響ですかね・・・。

ま、こんな感じのゲームとなっています。
某所でも非常に高い評価を受けており、アクションRPGにアレルギーがないのならやってみて損はないと思います。
そしてこれを機にイースシリーズへ手を伸ばすというのもいいかもしれませんね。

では今日はこの辺で。またのー。
スポンサーサイト



本日の神ゲー

今日は久しぶりにゲーム紹介。
ハードはもちろんPSP。
はりきっていきまっしょい。

本日紹介しますゲームは・・・
ウォーシップガンナー2 ポータブル


価格以外は神ソフトをなかなか生産してくれるKOEIのゲームですね。
PS2からの移植でございます。画質はもちろんPS2のほうが上ですが、そこそこに綺麗です。
さてこのゲーム。ばりばりのシリーズものでございます。まぁほとんどの人は知らないだろうけどね。
PS2とPCあわせて6作品でていますね。鋼鉄の咆哮シリーズのうちのひとつ。
何故かこの系列だけ鋼鉄の咆哮という名前は付きませんが、まぁシステム等は基本的に同じ。
昔はガンナーではなくコマンダーという名前で、上から視点がメインでしたがガンナーからは見渡せる視点になりました。
コマンダーも大好きですね。あっちは波動砲の感じが素晴らしく・・・。
とまぁ、とにかく気に入ってるシリーズということですね。このシリーズはすべてやりつくしましたね。
で、どういうゲームかというと、船を造って海戦をしようというゲームですね。


なんといってもこのゲームの特徴は船を造ること!
膨大な種類の武器、駆逐艦から戦艦・空母までの豊富な船体などから好きなように自分の船を造ることができます。
この画像で分かる方もいると思いますが、史実通りの船体を造ることも可能です。
それくらい武器、船体の種類は豊富です。そして作った船を自由に観れる!
これだけでかなりの時間は楽しめると思いますよ。まぁ好きな人にはという条件付きですけど。


ま、設計図で見ればわかるように戦艦大和ですよね!
46センチ3連装の主砲から15.5センチ3連装の副砲も完全に再現することができます。


もちろん大和といったら変態機銃と高角砲。こちらもほぼ再現することができます。
ただし、残念ながら砲や船橋に機銃等を置くことはできません。


背面のカタパルトも再現できます!素晴らしい再現度だと思います。
まぁ戦艦大和のプラモデルと比較してくださいよ。大体合ってますから。
船の設計の自由度は相当なものです。


もちろんジパングにでてきたイージス艦みらいも余裕で再現できますよ!
明らかにジパングに影響されて紹介したって感じになってますがw

さて、これでかなり詳細に船を設計することができるとわかりましたね。


そして、造った船のグラフィックも適応され、その船で戦闘することができます。
その戦闘もアクション要素たっぷりかつPSP版は難易度もかなり高めで緊張感があって面白いのですが、
このゲームのさらなる魅力というのは敵にあります。
敵がこれまたすごいというか、馬鹿げてるというか。まぁ超兵器なんですよ。


こんなん出てきます。
現代兵器の枠組みは完全に超越していますね。そして超兵器の名前もまたユニーク。
ちなみにこいつはフォーゲルシュメーラという名前。


どうやって勝てっていうねん(´・ω・`)
まぁこんなやつが種類様々さらに20体ほどいるわけですよ。
しかし、このゲーム。超兵器は必ずしも敵だけとは限らないのです。
これらの超兵器を倒す頃には、自分も超兵器になっているのです。。。


先端にドリルを付け。
サークル状の光学兵器
100キロ先まで寸分の狂いなく射抜けるレールガン
360度死角のない160センチ実弾主砲。


横っぱらには電動ノコギリ
これまた死角のない緑色に発光したレーザー兵器
さらには重力すらも操る重力砲
そして極めつけは波動砲

まー、画像みたらわかるようにいろいろとはっちゃけたゲームなのは間違いないですねw
はっちゃけたゲームながらも、ストーリーやキャラクターは割としっかりしていて、なんとマルチエンディング搭載。
まったく隙のない神ゲーとなっています。
しかし、あまり知られてないのか人を選ぶのかは知りませんが、人気があるとは言えません。
北斗無双なんか作ってる暇があったらこっちの新作をつくってほしいのですけどね。KOEIさん。
そっこーで飛び付きますよ。
まぁ普通の人は知りませんよね鋼鉄の咆哮なんて。宣伝なんて皆無でしたし。
神ゲーなのに本当にもったいないと思います。
せめて、このブログを見た人だけでも一度やってみてほしい作品であります。
かなり人は選びますけどね・・・。それでも・・・鋼鉄の咆哮なら・・・!
ちなみに「こうてつ」ではなく「くろがね」と読みます。ここ大事ね。

突撃!隣のゲームショップ part6

はいどうも!
久しぶりにこのコーナーでございまする。
相変わらず偏ったゲームしかしてませんけど・・・。
まぁ修練狩りの時間までまだあるので、ぱぱっと更新更新!
次の記事にはおそらくクロエ様は125に・・・げふんげふん。流石に無理です。

ではいきましょう!
今回超久しぶりにご紹介しますゲームは・・・!


はいこれ信長の野望 革新
すいません偏ってて。あと相変わらず古くて。
信長の野望とはKOEI(通称:肥)が製作している戦国時代の歴史シミュレーションゲームでございまさぁ。
あ、ちなみに12作目です革新は。
1作目はなんと1983年に発売。なんと私が生まれる6年も前!
どんだけ続いてるんだーって話ですよまったく。
さらに補足をしますと、現在13作目の天道まで発売しております。
天道は2009年に発売しております。そっち紹介シロヤーって感じですね。
あれはまぁ・・・割と地雷だったんで・・・ちょっとスルーをば・・・・。
いや革新もそれなりにアレなんですけどねぇ。まぁ細かいところは抜きに!

さてこのゲーム。信長の野望というタイトルですが、別に信長に拘ってるわけではなく、戦国時代に実在した大名ならどこでもプレイできるんですねぇ。
九州の島津から東北の伊達。さらにマイナーなところで蝦夷の蠣崎から四国の河野まで!
つまり自分で好きな野望を選べるわけですね!
ちなみに従来の信長の野望はターン制のようなものをとっていました。
ここの国で~ 内政して~ 兵増やして~ さぁ出撃~ 戦闘~ 終わり~
のような感じで、すべてバラバラだったんですね。
しかしこの12作目からはここまで続いてきたターン制をすべて廃してなんと日本をひとつのマップに集約し、リアルタイムで進んでいくという形をとっているのです。
そういう意味では非常に革新的だなと思うんですね。


こんな感じで。これは鹿児島ですね。中心の火山のようなものはおそらく桜島でしょうかね?
これが北は北海道の函館まで続いております。
時間を進めるとこれらがすべて動き出すんですね!

さて具体的になにをするかというと、もちろん国を大きくするためには攻めなければなりませんが、攻めるためには勿論兵力も必要ですし、お金もいりますし、兵糧っていう食料も必要なんですね!
それを集めるためにまずは国を豊かにするために内政に取り組む必要があります。


こんな感じで城下町を作っていくんですわ。いろいろ種類があるので、最初はなにを作ったらいいのかさっぱり。
まぁその辺はやってるうちに分かるんじゃないですかね。それもまたノブヤボの醍醐味。


さらに国を豊かにすることでこのように安土城のような巨城も建てることができます。
安土城、大阪城、小田原城あたりが巨城と呼ばれるものですね!


もちろん建設は自由度もありますので、このように要塞を作ることもできます!
これは鉄砲槽という敵がくるとオートで撃ってくれる施設です。これでこの城はほぼ無敵の要塞となったわけです・・・。
これで10万もの軍勢にもこの城ひとつで籠城することができるんですね!!!
まぁCPUの本気攻めがくるとさすがに城と鉄砲槽だけじゃもたなかったりしますけどね。

さて最後は軍事!城攻めですね。さすがにCPUは上のようなお馬鹿要塞は作ってこないので、ちゃんと軍さえ整えれば基本攻めやすいんですよね。
攻めやすく守りにくい仕様ですね。まぁこれが革新の難易度の低さに繋がっているのでしょうかね。
あ、もちろん貧弱大名を選べば話は別ですよw 一桁違う軍勢にはさすがにガン攻めしても勝てませんから・・・w


こんな感じでガン攻めっすよ。お城が燃えています。落城まであと僅かというところ。
水色の旗が我らが武田家の軍勢だったのですが、この圧倒的なまでの勝ち戦。
負けました。後ろからダババーって来たんですよ・・・島津の連中が・・・。
我等が騎馬隊を一掃していかれました。
ちなみに攻撃していたのは尼子家という、まぁこれまたマイナー一家ですけど、結構強いんですよね。
でも島津はもっと強いんですよ。[てつはう]なんて大量に持ち込まれたら溶けますよこっちの軍勢。
もちろん我等が武田のほうが強いんですけどね!!!!

ちゃんと部隊構成せずに超適当に数だけ揃えるとこういうことになっちゃうんですよ。

ま、こんな感じでひたすら侵略をしていくのが信長の野望というゲームです。
細かいところは結構細かいんですよ。貿易とか、技術とか、外交とか、内応とかね!
そんなの紹介してたらキリがないので。まぁやってミソということで。どっすか。
ちなみにくそ高いんですよね。値段。これはパワーアップキットという追加パッチをあててプレイしていたのですが、それを含めますと1万↑は軽かったような気がします。
高いです。信長の野望シリーズ。というか肥が出すゲーム基本高いんですよね。
そんなことしてるから肥なんていわれるんですよ。
革新もそうなんですよ。パワーアップキットがなかったらバランス悪いですほんとに。まぁあってもそんな良くなりませんけど。
無印のはあれですね。ベータ版ですね。それでも1万円くらいしたのかな?ありえないっすw

まぁ非常に高いゲームですが、シミュレーション好きとしては割とたまらなかったりします。
でも私は信長の野望は3作しかやってないんですね。つまりにわかですよ。
その中で革新はナンバー2ですね!!!
一番面白かったのは11作目の天下創世というやつですかね。まぁまた紹介します。
最新作は、知りません。無印はベータ版なんですきっと・・・。まさかあんなに面白くないなntゲフゲッフ

では長くなりましたがこの辺で!

突撃!隣のゲームショップ part5

はい!
久しぶりに来ました、トツゲー。
本日ご紹介するゲームソフトはー!
こちらぁー!


EAゲームが誇るシミュレーションゲーム!
The Sims 2!
さてさてこのゲーム、シムシティに若干ニュアンスが似ていますが全く別のジャンルです。
シムシティは町を作るゲームでしたが、こちらはシム。つまり市民を育てることを目的とします。
家を自分で建て、そこにシムを住ませ、そのシムの一生を見届けようというゲームです。
まぁ、普通はそう遊ぶのですが、私は飽き癖がありまして・・・。そんなシムの一生なんぞ見届けることはできませんでした。
ではどうやって遊ぶのか。それはメインではないのですが家を造る機能。これをひたすらやり続けました。
そうして完成したのが・・・。


YES!まさかの自分家!?
30%ほど豪勢になっておりますが、割と頑張りました。
ここにシムを住ませるわけですね。


もちろん内装も完備です。
そこに住むわけですからね!


さらには、こんな感じでお城風にもできます。いやはやすごい。

しかし、このゲームいろいろと欠点が。
まず、追加ディスクが異常に多い。恐らく16種類くらいあります。
まぁ今だからまとめてパックがあってお得なのですが、ひとつずつ買ってたらやヴぁいです。
EAもよっぽど金儲けしたいんですね。そこはどの会社も同じなんですね!
もうひとつは思ったようにシムが行動してくれません。せっかく自室を作ったのに全く使わない・・・とか。
その辺は仕方ない気もしますが、生活がメインとするなら頑張ってほしかったです。

でも、いろいろと面白いんですよ。宇宙人にキャトルミューティレーションされて宇宙人の子供ができたり。
シムがゾンビになったり。ヴァンパイアになったり。狼人間になったり。魔女になったり。
そうそうみられるものではないですが、面白い要素が盛りだくさんです。

あなたも自分だけの家やそこに生活する人を作ってみませんか?

突撃!隣のゲームショップ part4

64のゲームってなんか基本的にいいものが多いよね。
私の持ってるゲームではずれはありませんでした!
と、いうことで今日は64をひとつ。といっても2000年ですので結構新しいですよ。


チュンソフツが誇る64最強のやりこみゲーム。風来のシレェーン!トゥー!
ターン制で動くダンジョン攻略ゲームですね。
いやぁ、これは神ゲーでした。
2000年ということはこれを買ったのは11才でしたか。
小学生高学年かな多分。なんで買ったのか全く覚えてません。
正直なんとなくで買っちゃったって感じです。
最低でも当時私の周りにシレンなんて知ってる人はいませんでしたね。
チョコボの不思議なダンジョンなら持ってる人いましたけど。

実は、今ちょっとこれ実機でやってるんですよね。
ちょくちょく程度ですけど。しかし、今やっても単純に面白い。
SFCのほうが面白いだろう常識的に・・・とかは知りませんw
何故かシレンはこれしかやってません。これ神ゲー。それでいいじゃないですか。
あ、ちなみに昔のデータも残っておりまして、なんと700時間もやっていました。
オイオイ・・・w 1年くらいこれやってたのか?って感じですねw
でも本当にそれくらい面白い。グラフィックもきれいですよ。そこそこの3Dと2Dっぽいキャラクターがいい感じです。


何が面白いって、そりゃ緊張感とかですかね?あと装備集めとかもアツイ。
上のやつは誰かしりませんが、どんだけ万全な準備をしてもやられるときはやられるという図です・・・w
青丸マークがアイテムでコージさんはモンスターのワナを踏んでしまったので、青が全部モンスター(赤丸)になります。
水があり越えてこれないと思いがちですが、なんと敵も味方も関係なく前にいるやつを投げてくる敵がいます。
これにより脱出通路をふさがれ・・・。さらに下に置くことで無敵になれるアイテムも3つ所持していましたが、それを打ち消す設置物がこの部屋には置いてあり・・・。パーですね。60Fですのでかなりの上のほうです。
私はこんなところまでいったことないです。

とまぁこういう風にすぐに死んでしまうゲームです。ちなみにセーブロードは普通はできない仕様です。
チュンソフツ独自の謎オートセーブ機能がついており、一歩歩くごとにセーブされます。死んだ瞬間消しても死ぬ直前から始まるという鬼畜仕様です。
これにより、かなりの緊張感を出すことに成功してるわけですね。

みなさんも昔のゲームとかやってみると意外と暇つぶしになるかもしれませんよ。
特に64は頑丈ですねw 多少接触悪くなってますがまだまだ現役です。
むしろ64がつぶれたなんて聞いたことありませんね。さすが天下の任天堂です。wiiはすぐつぶれそうですけどw

ではこれくらいでまたのー。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

チェンジ

1st:チェンジ
LV:242



2nd:猛禽
LV:220



3rd:風花(ティチエル)
LV:220



4th:ぷるとん
LV:220



5th:ダガー
LV:200



6th:上海兎(メイン)
LV:200



7th:エリシオン
LV:175



8th:ダッジ
LV:150



9th:荒布
LV:135



10th:マゾーン
LV:130



11th:Midget
LV:120



12th:葵蒼
LV:120


SERVER:ハイアカン
CLUB:ジュライ




テイルズウィーバー・ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード